水平線の向こう

神威君ふぉーりんらぶ  (((★´艸`)
by sikkoku-f_d
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
カテゴリ
-about me-
■ハンネ たまぉ・漆黒

■学年 高2

■在住 神奈川の左ッ側
田舎はのどかで最高だじぇ(´・∀・)

■特技 ありきたりだが寝ることw

■好きな歌手 Gackt L'Arc T.M.R KREBA FLOW Rip etc...
全部英語だ('∀

■まいぶーむ 筋トレ!
最近怪我治ってきてメニュー増加ちう(ノ∀`)b








他思いついたら更新しまー (´∀`*)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

おもしろいもんみっけた

給料の法則
ディルバートの「給料の法則」は、以下のことに言及している。

「エンジニアと科学者は、ビジネス エグゼクティブやセールスの人々ほど稼ぐことが出来ない」

この法則が成り立つことは、誰しもが真であると認める次の二つの仮定から導き出された方程式により、証明された。以下にその解を示す。

仮定1: 知識は力なり
仮定2: 時は金なり

すべてのエンジニアと科学者が知っての通り、次の等式が成り立つ。

力 = 仕事 / 時間

しかるに:

知識 = 力
  かつ
  時 = 金

よって:

知識 = 仕事 / 金

これを金について解くと、次の式が得られる。

金 = 仕事 / 知識

したがって、知識が0に近づくにつれ、なされた仕事に関わらず、金は無限大に近づいていく。

結論: 知っていることが少なければ少ないほど、より給料が増える






ちょっと吹いたw

でもニートは仕事しないからだめですね。(ぁ
[PR]

by sikkoku-f_d | 2007-03-03 14:02 | 今日の一歩
<< それでもぼくはヲタぢゃない。 僕の愛した魅惑のくびれ >>